医療訴訟とは

それはとある女性が、健康診断のため血液検査を受けようとした時のことでした。
そこでまさかそんなことが起きるとは、きっと微塵も予想していなかったに違いありません。
普通注射をする際は、採血を行う箇所が決まっています。
その時も普通に採血を行う…その予定だったのですが、注射針を刺したとたん、今まで感じたことのないような鋭い痛みが走りました。
注射針を刺したことでの痛みとは比べものにならないほどの痛みでした。
そして、その日から、その女性の、注射針を刺した方の右腕は上がらなくなり、右手は麻痺状態のように、まったく言うことを聞かなくなってしまいました。
それから病院の負担で治療は行ったものの、結局他の病院で、それは治らないと言われてしまったのです。
症状は進行しつづけていますが、女性はそれを明らかな医療上のミスとして、病院側を訴えました。
賠償金の支払いを命じ、そして勝訴したのです。

これが、昔から現代まで社会問題となっている『医療訴訟』の、一例に過ぎません。
普通はそんな些細なことで、しかも病院という、信頼している公的機関でそんな重大なミスがあるとは考えませんが、実際にそのような例が起きているからこそ、訴訟も実際に起こっています。
他の国においても、この医療訴訟が頻発している国があり、同様の、ほんの些細な治療ミスから、重大な症状を引き起こしてしまった例がいくつもあります。
当然病院側を相手に裁判を起こすのですが…これが難しい理由があります。



[Special Link]
B型肝炎の訴訟手続について弁護士が解説しています === B型肝炎 訴訟手続

Copyright © 2014 医療起訴で納得ができない医療行為に対応 All Rights Reserved.